みんなでサボれば怖くない!


手を抜こう!サボろう!

って昨日の「今日のひとこと」に
いろんなコメントやメッセージまでくれてありがとう。

みんな「手を抜く」と「かサボる」に抵抗があったり罪悪感や頑張れなかった自分への自責が少なからずあったりするのかな。

過去の投稿で
Facebookにも書いたことあるけど
僕は完璧だと思っていた高校受験に
失敗して中学浪人を経験したんだよね。
みんな晴れやかな顔をして高校へ向かうのに
一人違う方向へ自転車を走らせ電車で予備校へ
やるせなくて
辛くて…
オリエンテーションが終わる頃には
同じ心情の友達が数人できて
みんなでサボって
喫茶店でコーヒーを飲んでいろんな会話をしたんだ。
今みたいにカフェなんて呼び名は
あったのか、なかったかのか、知らなかったのか
それが僕のカフェサボりのはじまり(笑)
寄り道は小学生からけどな💦
鮮明に覚えてるけど喫茶店の名前は
「まじぱん」
パンケーキが美味しかった。
予備校の授業を
抜け出してみんなと会話をしたおかげで
   どんな勉強法をしているとか
   こんな問題が苦手だとか
   将来〇〇になりたいんだとか
   今こんな気持ちだとか…
ありとあらゆる話をしたね。

サボった結果
今までと同じように教室に閉じ困っていたら
絶対会わないだろう友達に出会えたんだ。
今だから時効で白状するけど
集まっていたメンバーの半分はタバコを吸ってたね。
男子も女子も(笑)
いつもリーゼントで暴走族上がりのA
親が医者でどうしても進学校に入らなきゃいけないB
お嬢様でいつも成績優秀なのに落ちてしまったC
いろいろな同級生に知り合いになったおかげで
僕の価値観にいろんなものがどんどん追加されていった。
翌年、めでたく高校へ入るようになると
行く途中にあった
おばあちゃんにちに毎朝のように寄り道
もちろん、連日遅刻のオンパレード(笑)
朝のおばあちゃんとの会話では、玄関先で挨拶すると
「おっ、厚これから行くんか?早く行かないと遅刻するぞ!でも、まっ、せっかく寄ったんだから上がれ、蒸しケーキを蒸しているから食ってけ!後10分でできるから」
「10分後には、学校始まってしまいますが…」みたいな(笑)
ルールなんて誰かが勝手に誰かを自分の好きなようにコントロールしようとしてできたもの。
親が勝手に正しいと思って子に押し付けたのが、今の自分がジャッジしている価値観だ!
「自立とは、親の価値観を破ること!」

今まで親の価値観に縛られてきた中だけでなく
いろんな新しい価値観を受け入れてみよう!

手を抜く、サボるも…
やりなくなかったらもちろんやらなくていいし

やりたいと思ったんなら
結果を後悔することなく飛び込んでみたらいいよ。

そこには今まで見たこともないような価値観や

なんか知らんけど
新しい世界が見えるかもよ-_-b✨

ハイッ、資料半分しかできてないけど…
またサボってます☕️(笑)

湘南のカウンセラー新居 厚人

その悩み、、、 一人で抱え込むのは重すぎませんか? 話を聴くことしかできないけど、、、 僕に話してみませんか?

0コメント

  • 1000 / 1000